2019年の発売以来、大人気となっている山形県鶴岡市のラーメン店「琴平荘(こんぴらそう)」秋田県の比内地鶏専門メーカー「秋田味商」がコラボした、お土産商品「琴平荘×比内地鶏 中華そば」に続く第二弾が、完成しました。

第二弾は通販専用で、「お店の味をご自宅で味わえる具材付きセット」です。
セットに入る「めん」「ストレートスープ」「チャーシュー」「メンマ」「海苔」は琴平荘オーナー掛神淳氏から食材などをご提供いただき、レシピや作り方も徹底指導いただき秋田味商が商品化しました。

本品は、琴平荘の看板メニューである中華そば(醤油味)を再現。
更には多くのラーメン店がその味を認めながらも、高価で希少な為、なかなか使うことが出来ないブランド地鶏「比内地鶏の鶏ガラ」をふんだんに使った、特別な醤油スープに仕上げました。
琴平荘のお店の味わいを感じられながらも、お店でも味わえない特別仕様の1杯が、ご自宅にいながら味わっていただけます。

こちらの商品は秋田味商が製造及び販売窓口を行っておりますが、商品化に際し、掛神オーナーとは約半年もの時間をかけ、細部に渡る部分までご指導、修正をいただきました。

掛神オーナーにも太鼓判をいただいた1杯。
琴平荘に食べに行かれる皆さんも、なかなか足を運べない方々にも、この「通販限定品」は十分にご満足いただける味に仕上がっていると思います。

琴平荘とは


日本有数のラーメン激戦区と言われる山形県。
その山形県で口コミサイトや地元TV局などのラーメンランキングでも堂々の1位評価を得る鶴岡市の琴平荘。
元々は民宿経営の閑散期対策として始めたラーメンが次第に評判を呼び、交通の便が決してよくない立地ながら連日大行列が出来るラーメン店として、メディアでも度々紹介されています。
「1~2時間待ちは当たり前」「多い日は500人以上が訪れる」という評判通り、全国のラーメン好きから、地元のお年寄りまでが足を運ぶ人気店となっています。


看板メニューは醤油味の中華そば。その味わいはアゴと呼ばれるトビウオの焼き干しをはじめとする様々な魚介系の出汁と、豚、鶏などの動物系の出汁が絶妙にブレンドされた優しくも深い旨味が混ざり合った端麗系のスープです。
そこに、つるつるで弾力ある自家製の超多加水麺。ほろりと柔らかなチャーシュー、シャキシャキとした歯ごたえのメンマなどが組み合わさります。麺もスープも具材1つ1つが、美味しく、食べるたびに幸せを感じてしまうような一杯です。
そして、普通の店であれば大盛りレベルであろう麺のボリュームながらも、老若男女が全員ペロリと食べてしまう美味しさが、この一杯にはあるのです。


民宿時代の営業と同様に今も営業は10月~5月まで。夏は自ら地元漁港を回ってはトビウオを買付し、1年分の焼き干しを自ら仕込まれています。

秋田味商とは


男鹿半島の付け根に位置する秋田県潟上市にある比内地鶏製品の専門メーカー秋田味商(あじしょう)。
秋田県が認証する比内地鶏の加工施設(比内地鶏ブランド認証施設)に登録され、比内地鶏製品の扱い数は秋田でも最も多く、きりたんぽ鍋セットや比内地鶏カレー、スープなどの各種商品から、飲食店に肉や卵、スープなどの食材も納めております。


代表者である工藤真史は料理をするのも食べることも大好きで、琴平荘も一人のファンとして年に数回、3時間ほどかけ、食べに行っておりました。
いつしか「この中華そばに比内地鶏を使ったら、一体どんな味になるんだろう・・・食べてみたい」と考え、琴平荘愛と比内地鶏愛を綴った手紙を琴平荘オーナーに送ることに。
結果、驚くほど意気投合し夢のような商品「琴平荘×比内地鶏 中華そば」の第1弾が2019年に完成。
「お土産用で販売している商品にしては味のクオリティが高すぎる!」と、大人気商品となりました。

そして2021年。「お店と同じ味を再現した、より本格的な商品を比内地鶏を使って作りたい。」という更なる想いにかられ、掛神オーナーに2回目のラブコールの末、第二弾である「通販限定用」が完成しました。

ショップからのお知らせ

(2021/07/30)お盆休業に伴うご注文締切日と発送スケジュールにつきまして
(2021/07/27)追加トッピング(切り落としチャーシュー、メンマ、海苔)販売開始いたしました。
(2021/07/26)Facebook広告経由でのご注文はカート内でエラーになる場合がございます。その際はFacebookを閉じ、ブラウザから再度アクセスをお願いいたします。
(2021/07/9)「東京2020オリンピック・パラリンピック」に伴うお届け遅延等につきまして

商品カテゴリ

カレンダー
  • 今日
  • 定休日

ページトップへ